このメニューでは調査が必要な産業用太陽光発電の設計についてご案内しています。

産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要


産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要
これから近い将来、全国規模で太陽光発電が当たり前のものとなり、自家発電による電力供給がメインとなってくるでしょう。
太陽光発電から送られる発電量は確かに少ないですが、それでもある程度の電化製品の利用は十分に可能です。 割安な産業用太陽光発電を導入しても、結局設置費用で見積り以上の金額を請求されることがあります。
「どのような屋根の形状だったとしても設置可能です」と言ってくる業者は確実性に欠けており優良業者とは言えません。産業用太陽光発電の設計をするためには、まずは屋根の形状や質などを調査する必要があります。
適当に調査をする業者から産業用太陽光発電を購入してしまうことにより、後々トラブルを引き起こしてしまうこともあるのでご注意ください。

実際に企業様が産業用太陽光発電を導入する前に、年間予測発電量の調査をして見積りをもらいます。
実際に予定価格と支払う額が異なっている、なんてことはよく報告されているのです。




産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要ブログ:27-7-2017

私の母親は現在72歳、
あちこちからだにガタもきている。
色白だった肌にはシミができ、鏡を見てはため息をつく…

歯を何本か入れ歯にしたときは
「年をとるって嫌だね。こんなに醜くなって、
もう特別楽しみもないからそんなに長生きしなくていい」
というのが口癖になった。

ある日のこと、
私の仲間が家に来て、
母親の作ったケーキを食べながら歓談した。

仲間が
「おばさん、本当にスナック菓子作りが上手ですよね。
スナック菓子作り教室なんて開いたらいいのに」
と冗談めかして言った。

私は「それはいい考えだ」と思い、
近所の人を集めてスナック菓子作りをすることを
母親に勧めた。

それから一ヶ月に2回、
母親は近所の主婦を集めてスナック菓子作りを始めた。

材料費以外は取らないボランティアの教室だが、
集まる主婦たちが大喜びで帰っていく…

その姿をうれしそうに眺める母親は
「何も楽しみがない」と言っていたのがうそのように輝いて見えた。

「誰かの役に立ってる」「自分のしたことで人に喜んでもらえる」
という喜びが母親をこんなにも輝かせているのだろう。

人間は、どんな状況下にあれ
何かの役に立つ喜びというのを感じるのだろう。

小さな娘であっても母親から
「ありがとう、助かったわ」と言われると満面の笑顔で喜ぶし、
たとえ明日死ぬかもしれない状況でも、
他に役立つことが「生きる支え」になることもあると思う。

がむしゃらに働いてきたサラリーマンがふと
「自分は誰からも必要とされていない」と感じたとき、
自分を犠牲にして娘たちを必死で育ててきた母親が
「もう娘は自分の手から離れてしまった」と感じたとき、
まさに「老い」を感じる瞬間ではないだろうか。




産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要

産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要

★メニュー

太陽光の力によって電気代を大幅削減可能
太陽光発電は店舗屋根への設置なことから天候に左右される
太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的
太陽光発電システムをさらにお得に活用する
エコ生活を実現するならソーラーパワーの太陽光発電
太陽光発電で人気メーカーはパナソニック
太陽光発電を設置にはまずは屋根を調べる
業者に提出をまずはしてもらう太陽光発電の価格見積り
産業用太陽光発電の設計には事前の調査が必要
10年程度が一般的となる太陽光パネルの保証


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電便利さ拡散