太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的

もし貴方の自宅に太陽光発電を設置しますと、災害時の停電などに大いに役立つことでしょう。
東日本大地震の影響によって、今まで以上に太陽光発電の設置が全国的に進んでいるのです。 自然災害で万が一停電をしてしまっても、遊林地などに太陽光発電を設置済みの場合には、大切なライフラインの確保が可能となります。
危機的な状況の中で電気だけでも使用出来るようにしておくことで、きっと便利になることでしょう。太陽光発電は太陽が当たる場所では基本どこでも設置することが出来ますが、遊林地もその一つとなります。
自然破壊をすることの無い太陽光発電ですので、遊林地に設置をすることに適応しているのです。

 

最初に設置費用としてお金を多額必要ですが、それでも上手に利用することで10年程度で回収をすることが出来るケースがあります。
そのような太陽光発電を導入することで、天災などが発生した時における非常用電源として有効的なのです。



太陽光発電を遊林地への設置に全国の自治体が積極的ブログ:23-8-2017

一緒に住んでいる両親が減量を始める…
これは自分にとってチャンスなんですよね。

なぜなら、
相手の為に自分もなるべく余計なものを食べたり、
何も考えないでの食べる事は避けよう!と思えるからです。

例えば…
お菓子が大好きで
毎日たくさん食べてしまっているとしますよね。

しかし、
減量している人が
近くにいる事で食べずらくなってしまう…なんて事ありませんか?

夕方飯の後、甘いものが食べたくて
「何かデザート食べる?」と聞くと、
恐らく減量している相手は断る、
もしくは、少量で終わりにすると思うんです。
そうなると自分も自然に食べる量が減りますよね。

わたしの場合は一人だと食べずらいので、
お菓子を食べるときは必ず両親に声かけるんですが…

両親が減量している時は、
両親はお菓子をなるべく控えていたので、
自然にわたしも食べる事が減ったんです。

周りが頑張っているという事が、
自分にも刺激を与えるんですね。

すぐそばに減量中の人がいる…
という事は、間接的に自分の減量にもなっていくんです!

なので、周りに減量を始めた人がいたら、
自分も一緒に減量を始めるチャンスなんです。
一人よりも確実に、
効率よく減量ができると思いますよ。

わたしも、主人が減量をしている時は
特にバランスを考えたり…
甘いものの量を減らしたり…

夜に糖質をあまりとらなかった時は、
減量をしているつもりではないのに
次の日の体重に変化がありましたよ!

協力するという事が、
自分の為にもなっていたんですね。

間接的な減量もうまく使えば効果は大です!
チャンスを逃さず、うまく利用しましょう!